PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ただ読みダイアリー(8)  

読書も修行。それにしてもきつかった~


ジェイムズ・エルロイ 「アメリカン・デス・トリップ上下巻、読了。

アメリカン・デス・トリップ


何とも厳しい修行でありました。

上下巻合わせて1144ページ。長い・・・。しかも極端に短い文体に、説明的記述を排した流れ。油断すると何が何だかわからなくなってしまいます。これほど緊張して本を読んだのは初めてかもしれません。はっきり言って苦痛でした。何度も挫折しかけたのですが、ページが進むにつれ、撤退しがたい心境になり、修行のつもりで懸命に耐えました。何でそこまでして読まないといけないんでしょうね。

ジェイムズ・エルロイをご存じない方も多いと思います。アメリカの作家で、現代ノアールの巨匠と呼ばれています。作品としては、映画化もされた、暗黒のLA四部作の中の「LAコンフィデンシャル」がいちばん有名でしょうか。

「アメリカン・デス・トリップ」はアンダーワールドUSA三部作 のうちの二作目。一作目の「アメリカン・タブロイド」もかなり辛い思いをしながら頑張って読みましたが、「デス・トリップ」はそれをはるかに上回るしんどさでした。

とにかく精神の健康のためには絶対にお奨めしません。どうしても、どうしても読んでみたいと思われる方は、LA四部作中の「ブラックダリア」か「ホワイトジャズ」、またはロイド・ホプキンズ・シリーズくらいにしておきましょう。

でも、近づかないのがいちばん…。

| ただ読みダイアリー | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://myblackmama.blog84.fc2.com/tb.php/957-c50a366b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。