PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

Minnie (1) 8.30

この日はお昼に八尾から鶴橋へ移動。その間にひるめしをと思っていました。


昨日の敗北にリベンジを誓い、「ここ!!」と心に決めた店へ・・・(といっても「もりもと」ではないよ)。

・・・でも、その前に一応「もりもと」の日替わりもチェックしとこ。既食メニューなら心置きなくお目当ての店にいけるというもの。

ところが・・・ こんなときに限って・・・

えびと冬瓜のオイスターソース煮込み」。

なに~!!未食・・・。しかも冬瓜て・・・、それはきっと季節限定やろ・・・。これを逃すとたぶん今季はもう食べられないでしょう。

メニュー看板の前でしばし固まる私。しかし、やはり初志貫徹・・・で失敗することが多い私ではあることもわかりつつ、後悔はしたくい。

いや、ちょっと待てよ。

えびと冬瓜のオイスターソース煮込み」に、おそらくはずれはない。ということはここで「もりもと」を選んで後悔することはたぶんない。むしろ目指すは新規のお店だけに、しかもカレーだけに、はずれれば後悔する可能性も大。う~ん・・・。

しかしやはり初志貫徹でいこ・・・。後ろ髪を引かれまくりながら電車に乗りました。

「布施」で途中下車。少し探して・・・見つけました。

ここがお目当てお店。「Minnie」です。この看板、めっさいけてるやん♪

看板

ここは以前、カレ友(彼氏の友達じゃなくて、カレー友達ってことね)である「Spice Brothers」さんが紹介されていて(この記事参照)、気になっていたんです。しかし、ググってみても「SB」さんの記事以外にほとんど参考になる情報はなし。場所だけは大体わかるので行ってみるしかないわなと、やって来ました。

無事入店。

入店

夜の呑み屋営業がメインだけに、カウンターだけの小さいお店で、カウンターの中には小柄な女性が一人。

座るなり、「今日はハンバーグカレーとビーフカレーしかないんです。」とのこと。「じゃあビーフで・・・」。

チキンがあればそれにしたのに・・・と思いましたけど、まあ許容範囲。

しかし、とても蒸し暑い日なのに店内はクーラーが効いていません。扇子でパタパタやっていると、気を利かせてクーラーを強くして下さったのですが、暑がりな私にとってこんな状態でカレーを食べることがすでにはずれか・・・という思いが芽生えつつあるところに・・・。

何やら聴き覚えのあるイントロが流れてきたのです。うん?これは・・・

このイントロは・・・そう、あの名曲、「I Want To Be Loved」。

こっ・・・これは・・・ The Soul Children・・・、しかも1972年の名作「Genesis」(Stax3003)やないかーーー!!

間もなくしてPreacher風に歌い出したのはもちろん、John Colbert (J.Blackfoot)!!

うぎゃああ~!! 布施のこんな・・・(伏せ字)なカレー屋で、我がアイドルに出会えるとは・・・

ここで一曲。

The Soul Childrenで「Don't Take My Sunshine」。カレーの話はその後で・・・。



沁みるなあ・・・。

| そとカレー | 08:27 | comments(3) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT

JOHN COLBERT
私はいつもJ.BLACKFOOTさん風に<TAXI>でここに行きます。一回しか行ってませんが(笑)

| SB1Redd Hott Ver. | 2008/09/03 13:09 | URL | ≫ EDIT

さっそくご覧いただき、ありがとうございます!

ドライバーさんにはやっぱり
「Taxi,Take me to my baby's place
Just as fast as you can」
っていうんですか?

| myblackmama | 2008/09/03 15:18 | URL | ≫ EDIT

フィ~で止めます(笑)

| SB1 | 2008/09/04 21:30 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://myblackmama.blog84.fc2.com/tb.php/848-6976f3a2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。