PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

アラビヤ~ン7.19

これは絶対、食べとかなあかん・・・。


というわけで、この日のひるめしは、このコンビ。

ひるめし7.19

メインは、これだ!!

アラビヤン焼きそば

これを見て、涙せんばかりのノスタルジーを感じた人は、それ相当に(少なくとも私と同じ程度には)年を重ねてこられた方、ということになります。そんな世代の方には、これはたまらないものがあるはず。少なくとも私には忘れられない味、なんです。もちろんオリジナルは袋麺なのですが、今回、Bigサイズカップ麺として復刻されました。これは食べとかな・・・。

その前にちょっとWikiってみると・・・

1967年(昭和42年)、袋麺タイプのインスタント焼きそばとして、サンヨー食品から発売。なんで焼きそばが「アラビヤン」(しかも「アラビアン」じゃなくて「アラビヤン」・・・)やねん・・・という不思議なネーミングと、「不思議な位おいしく出来ます」という、よくわからないキャッチコピーが当時の人々の耳目を集めました。もちろん当初全国販売。テレビコマーシャルも放映され、一躍人気商品へ。ちなみにCMでは「アラビヤ~ン、トレビヤ~ン」などといっていたと記憶しております。なんとも時代を先取りするグローバルな感覚の商品だったんですね。

しかし、ライバルの「日清焼きそば」(1963年発売)との熾烈な競争に敗れ、やがて姿を消していくことになるのでした。現在は千葉県北部から茨城県南部を中心に販売されているそうです。そもそも地域限定販売を狙ったのではなく、他の地域では売り上げが芳しくない中で、千葉県から茨城県の一部地域だけで好評だったため、このような販売形態になったとのこと。なぜその地域に根付いたのかは謎です・・・。

発売当時、この「アラビヤン焼きそば」が我が家では大ブレイク。「日清焼きそばより絶対おいしい!!」という評価を得て、箱買いするまでの事態に至ったのでありました。かといって、毎日のように食べたわけではなく、我が母は子供にインスタント食品を食べさせることに罪悪感を抱いていたようで(昔はそんな空気がありましたね)、そう簡単には食べさせてもらえませんでした。

・・・などと思い出にふけりながら・・・

データです。

でーた

作り方。

作り方

中身です。

中身

粉末ソーーース!!

粉末ソース

できあがり~。おお~、この乾燥紅生姜入りふりかけ、懐かしーー!!

できあがり

いただきまぁ~す。ずるずる~・・・というより、すべり悪くはぐはぐ~って感じ。

いただきまぁす

ナツカシウマ―(゚д゚;)―ッ !!

の一言に尽きますね。感涙にむせぶひるめし・・・でした。

| インスタントめし | 08:58 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://myblackmama.blog84.fc2.com/tb.php/760-f2215322

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。