PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

韓国袋ラーメンの旅(3)安城湯麺篇6.19

今回は農心の「安城湯麺」。


「アンソンタンミョン」と発音するそうです。

安城湯麺


裏です。

裏


データです。袋ラーメンとしては普通・・・ですよね。

データ


作り方も、普通・・・です。私は麺は一度茹でこぼして、スープは別に作るようにしています。

作り方


麺に、スープ。以上終わり。シンプル・・・です。

中身


できあがり~。いっただっきまあ~す。ずるずる~

いただきまぁす


コレハパクリヤ―(゚д゚;)―ッ !!

このスープは我がサンヨー食品「サッポロ一番みそラーメン」とおんなじじゃないん・・・。

しかもご丁寧なことに、デフォルトで私好みの唐辛子加減の辛味にしてくれていますし・・・。

それになんといってもやっぱり麺がうまい!! つるしこっとしていて、スープの絡みもいい。おかげで残念ながら「サッポロ一番みそラーメン」よりはるかにうまいっす。

う~ん、「サッポロ一番みそラーメン」には幼少のみぎりよりさんざお世話になってきましたが、これには「パッチもん」のひとことで片付けられない悲しさがあります。

パッチもんすらも本家を超える・・・ってか?

やはり恐るべし・・・ 韓国ラーメン・・・

| 韓国袋ラーメンの旅 | 00:42 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://myblackmama.blog84.fc2.com/tb.php/705-72f6b4dc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。