PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

痛快に腹が立つこと

こればかりは黙ってはいられません。ひとこと書いておきます。


腹立たしいことが常態化している今日、ちょっとやそっとで腹を立てていては生きていけないことを、つい最近も痛感したところ。よほど我が身に実害が及ばない限り、他人事には腹を立てまいと思っている今日この頃ですが・・・。

そんな私を痛快に腹立たしくしてくれるニュースに出会いました。

これ、です。

金のために悪魔に魂を売り渡した「料理長」は、こともあろうに「もったいない精神」などとぬかしていましたね。

「もったいない精神」とは、ガソリンはじめ、何もかが値上げの現状に窮したおかあちゃんが、子供が手をつけずに残したおかずを、温め直しておとうちゃんに出す心根をいうのであって、そもそも鮎の塩焼きに何千円も取っている「高級料亭」の口にすべき言葉ではないはずです。

よくも恥ずかしげもなくそんな言葉が吐けるものだと感心します。真の料理人なら、腹掻っ捌いて・・・とまでは言いませんが、その場で土下座でもして謝り、包丁を捨てるのが筋じゃないでしょうか。

でもそれも、他人の食べ残しを何万円も払ってありがたく食わせてもらっている輩がいてこその商売でしょう。

日本の食文化なんて、そんなもので、ほんと信用できないですね。

自分の食べたいものを自分で作る、それしかないと、常々私は思っています。

またどぶろく、作るか?

うそ。これは違法ですけん・・・

| その他 | 22:47 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT

誇りは何処に
私も新聞の記事を見てショックを受けました。しかし、ありえるかも・・・とも失礼ながら思ってしまったのも正直なところです。今の日本のこれが文化になってしまったのではないかと思うのです。諦めたくはありません・・・しかし・・・v-404v-406

| 頭が真っ白 | 2008/05/06 15:32 | URL | ≫ EDIT

博多店でも・・・
そう、誇り、プライドを失ってるんですね。日本料理界のリーダーであるはずのお店ですら、そうなんですから、他も推して知るべしでしょうか。
でもそんな料理人ばかりではないでしょう。小さなお店でも、客に対する誠意と自分の作るものに対する誇りを、高く掲げて日々奮闘しておられる方もたくさんいるはず。
それに対して、メジャーの化けの皮がはがれ、権威が崩れるというのは、痛快なことですよね。「痛快に腹が立つ」とはそんな意味なんですけどね。

| myblackmama | 2008/05/07 23:23 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://myblackmama.blog84.fc2.com/tb.php/616-10ef96e3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。