PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ただ読みダイアリー(68)

浅田次郎先生 「鉄道員(ぽっぽや)」、読了。


鉄道員


今更ながらの先生の直木賞受賞作。「今更・・・」と言いつつも、いつかは読まないといけないわけで、今回は図書館の本が切れての、「緊急避難的ブックオフ100円読み」で、図らずも実現と相成りました。

表題作含み、短編八作所収。

「鉄道員」。なかなかよい。北海道弁がいい。「なんも、なんも」とか「はんかくさい」とか。こんなおっちゃん、おるんかなあ・・・。おってほしいなあ・・・。

「ラブ・レター」。これはめっちゃよい。こういう半端な人間の人間味が、私は好き。

「悪魔」。これはよくわからん。他の作品と比べてもちょっと異質。

「角筈にて」。これもよい。なんか、わかる。

「伽羅」。まあまあよい。ふぇ~という感じ。

「うらぼんえ」。これもまあまあ。ありえなさそうでありそうな話。

「ろくでなしのサンタ」。めっちゃよい。やっぱり半端な人間シリーズ。おかあちゃんがいい味。

「オリヲン座からの招待状」。これもよい。京都ものだし。

まあこれだけ質の高い短編が八本も入って100円は、ちょ~~ハイコスパ。

激しくお薦めです。

| ただ読みダイアリー | 23:46 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://myblackmama.blog84.fc2.com/tb.php/554-88d7654f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。