PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

マラバール風マトンカレー4.14

次回「グルコバ」、メインは「マラバール式マトンカレー」だそうです。


「マラバール式」て、どんなんやろ・・・。

師曰く、「・・・(こちら参照)」だそうです。

というわけで、私もネットでいろいろ調べてみました。

がしかし、例によってレシピごとに結構なばらつきがあります。

「マラバール」を冠する中にも、ヨーグルトを使うものや、ビネガーを使うものもあったりなんかして。これなら北(といっても、新地じゃないですよ。ミサイルの国でもないですよ。)のレシピとあんまり変わらんやろというものまであって、最大公約数がいまいち見えてきません。

中で、まあまあ師の教えに近いかなというのをベースに、こんな我流レシピを立ててみました。

【myblackmama'sマラバール風(よくわかってないので「風」ということで・・・)マトンカレー】

二人でがっつり食べきりサイズ

材料

マトン400g(少なめ。四人前で1kgなんて、「どんだけ肉食うねん」ていうレシピもありますけど・・・)。
玉ねぎ1コ
生姜 親指大
にんにく3かけ(いつもより多め)
グリーンチリ2本
トマト1コ
レモン4分の1個

ペースト用スパイス

クミンシード小匙1弱
コリアンダーシード小匙1
フェヌグリークシード小匙2分の1
シナモンひとかけ
クローブ4粒
ブラウンカルダモン1コ(種だけ)
グリーンカルダモン3コ
ブラックペッパー5粒
ボビーシード大匙1
ココナッツファイン8分の3カップ(微妙な量。大して意味はありません・・・。)

スタータースパイス

赤唐辛子1本
シナモン3cm
ベイリーフ1枚
マスタードシード小匙2分の1
ドライカレーリーフ10枚

パウダースパイス

ターメリック小匙2分の1
カイエンペッパー小匙2分の1

フレッシュコリアンダー
フレッシュミント

塩適量

工程

マトンを解凍、流水で血抜きしてレモン汁をふりかけておく。

玉ねぎは繊維断ち切り方向に薄切り、にんにく、生姜はすりおろしておく。

グリーンチリは種を取ってみじん切り、トマトはあらみじん切りにしておく。フレッシュコリアンダー、ミントもみじん切りに。

小さなソースパンに油(サラダオイルorココナッツオイル)を入れて火にかけ、ペースト用スパイスを焦げにくい順に入れて加熱。ココナッツファインが小麦色に色づいたところでボビーシードを入れ軽くかき混ぜて火を止める。

冷めたらミルサーでペーストにしておく。

鍋に油を入れて、スタータースパイスを焦げにくい順に入れ、マスタードシードがはじけたところで玉ねぎを投入。キツネ色まで炒めたら、生姜、にんにく、グリーンチリ、ドライカレーリーフを加え、炒める。

パウダースパイスを加え、しばらく炒めたら、トマトを入れ、油が分離するまで炒める。

マトンを入れて、表面が白くなるまで炒める。ここで半分塩加減。

2カップの水を沸騰を維持しつつ加え、マトンが柔らかくなるまで煮込む。

マサラペーストを加え、しばらく煮込んでグレイビーがトロリとなったらフレッシュコリアンダーとミントのみじん切りを加えて、ひと混ぜしたら火を止める。

どんなもんでしょう・・・。

ちょうど神戸でマトンを仕入れてきて、マトンカレー作ろうと思っていたところですし、先日Cちゃん献上のカレーが結構喜んでもらえたようで、「そろそろ次作を・・・」と思っているので、その試作を兼ねて、作ってみることにしました。

レシピに忠実に、丁寧に作りました。

マトンカレー

こんな感じっす。

カレー4.14

Lookin' Good 

マラバール風

味のほうは・・・。いただきまぁ~す。

いただきまぁす

ウミョ―(゚д゚;)―ッ!!

カレーとしては満足な出来でした。ただ・・・

反省点(反省できるようになったのは大進歩。)

マトンが硬かった・・・。煮込み不足もあると思いますが、前回仕入れたのと物が違ったので、筋を甘く見ていました。食べ応えがあるようにと、大きめにしましたが、それがかえってマイナスになったかも。もっと徹底して筋を取るべし。そしてもっと煮込むべし。

ブラウンカルダモン(種だけ)はいらないかも。こいつはどうも自己主張が強すぎる気がします。

家人感想

「うん、おいしいよ~」

「それだけかい!!」

「なんでマトンなん?」

「いや、・・・マトンやからマトンやねん。」

「牛肉のほうがおいしいんちゃうん♪」

「・・・」

そうかも知れん・・・。この国の人は牛肉を食べるのでした。なら、牛肉でもいいかも。

今回は煮込み不足もあり、硬かったですが、私はマトンは好きですし、このレシピならマトン嫌いの人でもいけるかなと思います。ただ、一般受けを考えれば、これを牛肉で作ってみるというのも、「あり」かもしれません。

Cちゃん献上カレーは「マラバール風ビーフカレー」にしましょうかね。

| うちカレー | 10:43 | comments(4) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT

マトンは大きめにきると3時間ぐらいは煮込みに必要ですな。

たぶん牛肉でもおいしく出来るとは思いますが、牛さんはコストがかかるのでなかなか検証が難しいです(笑)。

| こばやし | 2009/04/18 22:41 | URL | ≫ EDIT

アドバイス、ありがとうございます。
汗汗・・・。
やはり煮込み不足でしたか・・・。

リュックサックマーケット、好天過ぎてしんどかったんじゃないですか。

お疲れ様でした。

| myblackmama | 2009/04/18 22:50 | URL | ≫ EDIT

昨日はさすがに疲れました(笑)。

筋は徹底的に煮込めば溶けるのでそんなに気にする必要は無いと思いますよ。

このタイプのレシピは、最後にマサラペーストを加えるので長時間煮込んでも香りが飛ばないのでいいですな。

| こばやし | 2009/04/19 12:15 | URL | ≫ EDIT

お疲れ様でした。
そうなんですか。
・・・なら、自信を持ってマトンでやってみます。
ご教示、ありかとうございました。

| myblackmama | 2009/04/19 23:48 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://myblackmama.blog84.fc2.com/tb.php/1366-578a4ccb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。