PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

グルコバvol.5 ~ アラ・ウェンジャナ編3.15

そろそろ調理が始まろうとしたところで、こばやしさんから・・・


「せっかくですから、これ、お願いしますね。」と、レシピを1枚渡されました。

え゛~!!「アラ・ウェンジャナ」・・・。これ、私が作るんですか・・・?

確かに私、先日「トモカ」さんのレシピを見て「アラ・ウェンジャナ」、作ってみましたよ。それがいけなかったんでしょうか・・・。

でも、「トモカ」さんのレシピはシンハラ伝統の、材料を鍋に放り込んで炊くだけ~というものでしたけど・・・。そして、できたのも「アラ?ウェンジャナ?」て感じのものでしたよ。うまかったですけど・・・。

でも、渡されたこばやしさんのレシピははるかに手の込んだもので、こんなん私に出来るんすか!?って感じです。

まあ、料理のイメージは「なんちゃって」程度にはあるので、材料を切り揃えるくらいはできるだろうし、スパイスもどれがどれかくらいは判別できるつもりなので、計量くらいはできるだろうと、とにかくできる下準備はやらせて頂いて、肝心の調理はこばやしさんにお任せすればいいか・・・と思いながら、じゃがいもの皮むきから始めました。

ピーラーが使いにくいやつで、ちょっと難儀しながらむいていたのですが、それより気になったのが、じゃがいもの質。おそらく近くの「ライフ」で買ったものだと思うのですが、これがあんまりいいじゃがいもじゃないなあ・・・という感じなんです。キメが粗そうで、そのくせ水っぽそうで・・・。まあちょい崩れまで煮込んでしまえば大丈夫かなと思いながら皮むき完了。

あとはたまねぎを刻んだり、ホールやパウダーのスパイスをそろえたりして、ひとまず準備完了。

さあ、こばやしさ~ん、あと、お願いしま~す・・・って、おらへんがな・・・。

ええ~、どないしよ・・・。自分でやってみよか・・・。でもなあ・・・失敗したら30人分やしなあ・・・。でもちょっとやってみたいかも・・・。まあ、詳しいレシピも書いてくださってるし、この通りやったらそんなに変なものにはならんやろ。とにかくレシピ熟読。それから10回くらいはレシピを読み、材料を指差し確認。そうしてる間にもどんどん緊張してきて、もうほんと、ドキドキでした。

フライパンに油を入れてホールスパイスを放り込んだら、もう後戻りはできなくなりました。やるしかないやんね。

自分でやるときより丁寧にテンパリング。カルダモンが弾けそうになるまで膨らんだところで取り出して・・・

と、ここでHaggie師が登場。

「これ、何作っとるの?」

「はっ、これです。」とレシピを渡します。

「はよせんと焦げるで」

「はっ、はい。」

ここからHaggie師が調理を変わってくださいました。助かった~。私はしばらくアシスタントに。

肝心なところはやって下さって、落ち着いたところで「はい、ここから焦がさんように気をつけて」と交代。

その間、めーーっちゃ緊張してました、私・・・。

その後、何度か味見をしたのですが、やはりじゃがいもに少し苦味が感じられるのが気になりました。まあ、仕方ないか・・・。

さらにいくつかの工程を経てほぼ完成に。塩加減だけは行き過ぎると戻れなくなるので、控えめにしておいて、最終段階でこばやしさんにお任せすることにしました。

ちょうどこばやしさんが来られたので、「これ、味見てください。」とお願い。

「塩が足りませんね。」とおっしゃって、味を調整。「結構辛いなあ・・・」とおっしゃってましたけど、何とかOKとなりました。

火を切って、ひとまず「アラ・ウェンジャナ」は完成。

肩の荷が下りて、どどーーっと疲れてしまいました。

私が関わった「アラ・ウェンジャナ」はこの写真の中では、青唐辛子の隣にあるカトゥリに入っているやつです。

グルコバvol.5

食卓に運ぶ前に、最後の味決めを再びHaggie師が。

ひと口食べて

「味、薄い!塩!!」

「はっ、はい~」

ふたつまみほど鍋にさらさら~。ちょっと多くない?? でも、

「OK! 手、出してみて。」

ちょいと乗っけて下さったのを味見。ううーーん、うまくなってる・・・。

「辛かったでしょうか・・・。」

「いや、落ち着くやろ。」

やっぱりレベルが違い過ぎます。ははぁ~

| そとカレー | 18:02 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT

先日はお疲れ様でした。

貴重なカレーリーフの提供から、最後の最後までテキパキと片づけしてはってスゴク働いてはるなぁと思ってました。

でも、この記事を読むと調理ではかなりのプレッシャーを感じながらの作業だったんですね。

こっちまでドキドキしながら読みました。

Haggie氏のすごさはmyblackmamaさんくらい慣れてはると余計によう分かるんでしょうね。

私はスゴそうやなぁと雰囲気を感じるのが目一杯でした。(^^;)

ほんとお疲れ様です。

まだ記事は続くのでしょうか・・・楽しみにしています。

| えて吉 | 2009/03/17 21:31 | URL | ≫ EDIT

お疲れ様でした~
ようやく記事、アップできました。ぐずりんで申し訳ありません。
振り返ってみれば、周りを見ずにせかせか動き回っていた気がします。かなりテンパってた感じですね。
Haggie師は・・・やっぱり凄い人でした(怖かった・・・)。とても勉強になりました。
型抜き菓子、ありがとうございました。すでに2枚チャレンジしたんですけど、2枚とも失敗でした。またご報告しますので、見てやってください。

| myblackmama | 2009/03/18 00:45 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://myblackmama.blog84.fc2.com/tb.php/1317-71764052

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。