PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

グルコバvol.5 ~ カラピン編3.15

この日は南インド・スリランカ料理会「グルコバ」に参加させて頂きました。


会自体はもう5回目になりますが、私は2回目の参加。去年の夏の第2回以来なので、半年振りになります。2ヶ月に一度しかない機会、もちろんできれば毎回参加したいのですが、仕事柄、なかなか日曜日にお休みが頂けなくて、これまで我慢を重ねて来ました。参加できなくても、レシピを送って頂いては、眺めて勉強したり、再現を試みたりはしています。今回は何とかお休みが頂ける日だったので、満を持して参加させて頂きました。

しかも、今回は私だけでなく、我が家で育てているカレーリーフ(カラピンチャ)の「カラピン」も一緒。

参加申込みの後で、主宰者のこばやしさんから「フレッシュのカレーリーフを提供してくれないか」とのメールを頂き、こんな奴に大役が務まるのかと思いながらも、喜んで「了解」の返信。

以来、少しでも陽があれば外に出し、暖かい日には水をやりと、それまで放任してたくせに、突然過干渉になったりしながら、この日を迎えました。

「どれくらい持って上がれば?」との問いに、「その後枯れない程度に」とのお返事でしたが、育ての親としては「これで枯れたら本望よ」で行く決意を固めました。そんな気持ちが伝わったのか、おかげでこんな季節にも関わらず、短期間にも少しは成長してくれて、厳しく切っても枯れる心配がない程度になってくれました。当日もぎりぎりまで陽に当て、約束通り、思い切って刈り込みました。

【刈り込み前】

カレーリーフ

【刈り込み後】

刈り込み後

あとは、この子が正しい素性のカレーリーフかどうかだけが問題です。私も心配になって、いろんなサイトを眺めたり、こばやしさんにメールを送ったりしましたが、結局信じるしかないという結論。一緒に行って、恥をかくなら一緒にかいてこようと、覚悟を決めました。

我が家にとっては、息子の受験の日のような一日が始まりました。

「カラピン」と、前日にこばやしさんから「フェンネル急募」のメールを頂いたのでそれと、「金村商店のキムチ」をお土産に持って出かけました。

12時半から買い出しということで、それに間に合うように行ったのですが、私が着いたときには既に買い出しは終わっていたようでした。

とにかく「カラピン」のことが気になっていたので、まずはこばやしさんに「これ、持ってきたんですけど・・・」と言うと、「Haggieさ~ん、カラピンチャ到着で~す。」とこばやしさん。それを見たHaggie師は「こんな青々としたのが今どきようあったな。上等、上等。」とおっしゃって下さいました。

この一言で私のプレッシャーはひとつ、晴れたのでした。

実際に調理のお役に立てるのか、心配していましたが、調理中も、「やっぱり生のカレーリーフが入ると香りが違いますねえ」とおっしゃって下さる方もいて、無事メジャーデビューを白星で飾ることができたようです。ほとんどすべての料理に過不足なく使って頂けて、本当に嬉しかったです。

家人も心配だったようで、当日、「カレーリーフ、大丈夫だった?」というメールを2回くれていました。

こんなふうに今回の「グルコバ」は私にはドキドキの連続だったのです。

| そとカレー | 15:55 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://myblackmama.blog84.fc2.com/tb.php/1316-b3810a19

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。