PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

かっぷめん事始め1.7

このカテゴリもそろそろ開幕せな・・・。開幕を何で飾るかが問題やな・・・と思っているところに、いいものを見つけました。


当ブログからもリンクさせて頂いている「こんなの食べたよ」のえて吉さんが、珍しくこんなの食べて、いや、シバいておられたんです。

味噌カレーミルクラーメン

それ以前にも、新製品の情報源としていつも参考にさせていただいているこちらのブログでも見かけていて、カレー系やし食べとかな・・・と思ったんですけど、すっかり忘れてました。

「おっ、これいただき~」と、早速真似させて頂くことにしました。

商品の詳細はえて吉さんの記事およびそこにリンクする記事にお任せするとして、私は食べるだけ~にさせていただきます。

データです。

データ

エネルギー444kclはサイズ的にこんなもんとして、、ナトリウム3.2gはなかなかデインジャラスな数値ですね。

中身です。

中身

こいつが麺の下に潜り込む事故が全国各地で起こっているようですが、私のは無事顕現しておりましたよ。

かわいい

5分というWaitingはかっぷめん界最長級でしょう。ノンフライ麺なので、しっかり待ってできあがり~

できあがり

では、初春を寿ぎつつ、いただきまぁ~す。ずるずる~。

いただきまぁす

コイツハハルカラエンギガイイゼェ―(゚д゚;)―ッ !!(このcryも最長級・・・)

まず麺。ややちぢれのある麺は、ぬらりとした感触のスープとよく絡んで相性よし。歯応えもあってなかなかよろしい。

スープは、皆さん味噌メインとお感じのようですが、私は意外にカレー味がしっかり効いているなという印象。味噌、カレー、ミルク(バター含む)がこの順に自己主張していて、「みんな仲良くやってくれてて、先生は嬉しいよ」という感じです。私はカップ麺をデフォルトでしか食べない主義なので(ていうか、いじれない状況でしかカップ麺を食べないだけですけど)、ミルクを入れたりはしませんでしたけど、確かに「ミルク君、君、もう少し前に出てもいいんだよ」といいたくなる感じでした(何だか東海林さだお先生風になってるぞ)。思わず全汁近くまで行ってしまい、3.2gという数値を思い出して踏みとどまりました.

具もチャーシューが噛み応えありで、うまかったです。

その出生から味まで、ここまで語れる商品は、それだけで成功でしょう。個人的には200円台の前半ならリピートしたと思うのですが・・・。100均落ちしたら、またお目にかかりたいと思います。そのときはミルク足して食べてみたいです。

今年もこの分野でもがんばります(って、何をがんばるねん・・・)。

それにしても、「もりもと」の回鍋肉といい、これといい、濃い味のものを続けて食べてしまいました。早いこと胃の液体洗浄をしないと・・・。

| インスタントめし | 08:46 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT

トラックバックありがとうございます
myblackmamaさんの感想を聞きたいと思ッてたので、ネタに乗っていただきありがとうございます。

他のカップラーメンと較べてもけっこうええ線まで行ってたんですねぇ。

myblackmamaさんの記事を読んでるとまた食べたくなりました。(^^)

| えて吉 | 2009/01/11 10:20 | URL | ≫ EDIT

こちらこそ・・・
こちらこそ、新鮮なネタを提供していただき、ありがとうございます。

実は私の兄が一時期、青森に住んでいたことがあって、「青森のラーメンはまずい」というのを耳にしていたので、あまり期待していなかったんです。

でも、これは侮れなかったですね。

味噌にバターはありだと思いましたが、そこにカレーまでとは・・・。何でもあり、という発想なのかもしれませんが、少なくともこのトリロジーまではうまくいってると思いました。

青森でほんまもんを食べてみたいものですね。

| myblackmama | 2009/01/11 23:09 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://myblackmama.blog84.fc2.com/tb.php/1165-ab5abd60

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。